クサボタン

クサボタン 有毒

本州に分布する落葉低木。山地の林縁、野原などに生える。高さ50~100㎝位。葉は対生し3出複葉で、小葉は卵形か楕円形で鋸歯がある。花は夏、茎の頂きと葉腋に淡紫色で釣鐘型の花が多数下垂する集散花序を付け、これが多数集まって円錐花穂になる。近年山野草ブームで乱獲され少なくなった一つ。

学名

Clematis stans 

科名

キンポウゲ科

利用法

心臓毒が有り使用しない事。

効能

全草に毒成分を含み危険。

成分

アネモニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム