クサソテツ

クサソテツ

北半球に広く分布している草本性の多年草です。日本では各地に山地の湿った斜面、水流沿いの草地、林の中に生える夏緑性のシダです。根茎は塊状で、古い葉の基部が残っていて鱗状に取り巻いて径2~9cm有ります。茎は地中から直立しますが、匍匐枝が地中を横に這って拡がり、先端に新芽を作って繁殖します。栄養葉は薄い皮質で、1回羽状複葉、長さ50~100cm近くになります。羽片は多く深裂しています。胞子葉は栄養葉の中心から出て、晩秋に熟します。春に出る新芽はコゴミと呼び、山菜になります。

学名

Matteuccia struthiopteris 

科名

コウヤワラビ科

利用部位

新芽

利用法

春に出る新芽を摘んで使います。軸が伸びて葉は開きかけているものでも、先端がわずかに蒔いていれば十分食べられます。
調理法⇒ひとつまみの塩を入れて茹で、冷水にとり、おひたし、胡麻和え、マヨネーズ、おろし和え、粒ウニ和えなどにし、旬を味わいます。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム