ミミガタテンナンショウ

ミミガタテンナンショウ

本州の関東地方、東北地方の太平洋沿岸地域、四国に分布。明るい林下に生える多年草。草丈30~50㎝位。葉は2枚出て中央から花が咲く。花は仏炎包の淡紫から緑色。仏炎包の口の両側が耳たぶのように大きく出ている。花期は4~5月。

学名

Arisaema limbatum

科名

サトイモ科

生薬名

天南星(テンナンショウ)

利用部位

球茎

利用法

生の球根をすりおろす。球茎を輪切りにして石灰をまぶし乾燥する。

効能

腫れ物、肩こり、リウマチ、去痰、鎮痙

成分

サポニン、多量の澱粉、詳細は不明。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム