ミヤマキケマン

ミヤマキケマン 有毒

本州、四国、九州、および中国に分布する越年草。明るい山地から亜高山帯に生える越年草。高さ20~40㎝位。葉は2~3回羽状複葉で小葉をつける。花は茎頂に黄色い総状花序を付ける。全草に毒を含み、使用には気を付けること。特に根に毒成分が多く含まれる。死に至ることは稀ではあるがかなり危険。

学名

Corydalis japonica

科名

ケシ科

利用部位

利用法

堀上げ日干しにして使用。

効能

鎮痛、鎮咳。中毒症状は酒酔い状でよだれや涙を流す。脈拍減弱、呼吸急速で死に至ることは稀。

成分

多種類のアルカロイドを含む。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム