ムベ

ムベ

本州の関東以西、四国、九州の山野に自生する蔓性常緑低木です。沖縄から朝鮮半島南部に分布しています。茎は近くの木に巻き付きながら伸びて5~6mになります。革質の艶のある葉は、長い柄があり、互生し、裏側は淡緑色で、編み目のように脈が走っています。1カ所から柄のついた5~7枚の小葉が掌状複葉に広がっています。開花期は4~5月、この時期になると新芽の腋から、短い柄がでて2cm程の内側が淡紅紫色の白色の花を総状につけます。ムベの花の特徴は雄花と雌花が入り交じってつくことです。10月頃、8~10cm程の果実を結びます。初めは緑色ですが、熟すと赤紫色になりますが、アケビのようには開裂しません。果実は甘いので食用にします。花、葉、果実とも趣きがあるので垣根に植えたり、鉢植えにしたりします。
今では死語に近くなっていますが、“なるほどもっともであるなぁ”というときに「宜(うべ・むべ)なるかな」といいますが、このムベに由来するそうです。

学名

Stauntonia hexaphylla

科名

アケビ科

生薬名

野木瓜(ヤモクカ)

利用部位

蔓、葉、茎、根と果実

利用法

花のあるときに採取し刻んで日干しにします。

効能

民間薬として
利尿に⇒乾燥した蔓と葉を1日量10~15gを水600ccで煎じて、3回に分けて服用。
駆虫に⇒乾燥果、茎、葉を1日量5gを水200ccで煎じて服用。

成分

茎と葉⇒配糖体のスタントニン、ムベニン
果実⇒βシトステロール、アミリン、ルペオール

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム