ムラサキ

ムラサキ

北海道から九州及び朝鮮半島、中国、アムールに広く分布する多年草。草丈30~60㎝位。山地、草原や湿原などで見ることができる。茎は直立し上部で分枝する。葉は互生で、卵形~狭長卵形で先端がとがる。花は初夏、白い小さな花を穂状集散花序に付ける。近年山野草ブームで乱獲され激減している1つ。

学名

Lithospermum erythrorhizon

科名

ムラサキ科

生薬名

紫根(シコン)

利用部位

利用法

5月から10月に根を堀上げ日干しにして使用、土は乾いたら叩き落とし水洗いはしない。緩下、麻疹予防に紫根1日量3~10gを煎じて服用する。

効能

解熱、解毒、抗菌、やけど、凍傷、湿疹、水胞、染料、食品染料

成分

アセチルシコニン、シコニン、β-ジメチルアクリルシコニン、イソブチルシコニン、β-ヒドロキシイソバレリルシコニン、デオキシシコニン、α-メチル-n-ブチルシコニン、アルンカナン、テトラクリルシコニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム