ニガヨモギ

ニガヨモギ

ヨーロッパ原産で北米、アジア北部、北アフリカに分布する多年草。草丈30~70㎝位。全体に絹のような白毛でおおわれる。葉は互生で2~3回羽状深裂。花は夏、黄色で小さい頭状花を多数円錐状総状花序に付ける。近年、全体が白く美しく観賞用として花壇、鉢植えや寄せ植えとして楽しまれる。

学名

Artemisia absinthium

科名

キク科

生薬名

苦艾(クガイ)

利用部位

枝、茎

利用法

開花時に茎枝を採集し、日干しにして使用。

効能

苦味健胃、芳香健胃、強壮、解熱、駆虫剤。
長期乱用すると、てんかんになる恐れあり。

成分

アブシント、アンアブシント、モノテルペイノド、セスキテルペノイド

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム