ニリンソウ

ニリンソウ

北海道から九州、サハリン、朝鮮半島、中国北部、東北に分布する。山地や山麓、沢沿いに生える多年草。草丈20~30㎝位。根出葉をだし花を1~5花つける。殆どが2花つける。3~4月頃に咲き6月頃には休眠に入る。唯一キンポウゲ科の中の山菜として親しまれている。猛毒のトリカブトと誤食をすることがまれにあるので注意したい。

学名

Anemone flaccida

科名

キンポウゲ科

生薬名

地烏(ジウ)

利用部位

根茎

利用法

煎液10~15g、地烏30gを酒250mlに浸し毎回10gを服用。

効能

リウマチ、打撲症、解毒

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム