オオジシバリ

オオジシバリ

北海道から九州、沖縄および朝鮮半島、中国に分布する多年草。日当たりのよいあぜ道、道端、野原などに生える。高さ10~25㎝位。茎は細長く匍匐して分枝する。足の踏みどころがない位、一面生えている所も見かける。根生葉はロゼット状。花は春に黄色い頭花をつける。近年山野草展で見かけることがある。葉は食用になる。

学名

Ixeris debilis

科名

キク科

生薬名

剪刀股(セントウコ)

利用部位

全草

利用法

開花期に全草を採取し、水洗い後日干しにして使用。

効能

健胃、消炎、鼻づまり、解熱、解毒、消腫、涼血、利尿

成分

詳細は不明

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム