オオナルコユリ

オオナルコユリ

北海道から九州に生える多年草。山地、丘陵地などで見かける。草丈20~140㎝位。葉は互生で長楕円形~広披針形。花は春~夏。葉腋から緑白色の小さな花序が下垂して付く。山菜としてナルコユリ同様、食用にする。

学名

Polygonatum macranthum

科名

キジカクシ科

生薬名

黄精(オウセイ)

利用部位

根茎

利用法

滋養強壮に黄精200g、砂糖200gをホワイトリカー1.8ℓに約半年漬け込み、1回量200mlを1日3回に分け、食間に服用。食用。

効能

リウマチ、痛風、民間で滋養強壮。

成分

ナルコユリと同様と言われているが、はっきりしていない。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム