オトギリソウ

オトギリソウ

北海道から九州および朝鮮半島、サハリンに生える多年草。山地、丘陵地、土手や草原などで普通にみられる。変化が非常に多く、各地の固有種がある。草丈20~60㎝位。葉は対生し広披針形~狭卵形。花は夏、黄色い5弁で頂生の円錐花序を付ける。山野草で変化に富み、色々な形態を楽しむ。希に濃黄、白色などがある。

学名

Hypericum erectum 

科名

オトギリソウ科

生薬名

弟切草(オトギリソウ)、小連翹(ショウレンギョウ)

利用部位

全草

利用法

6~8月に花の付いたまま全草を刈り取り、日干しにして使用。鎮痛、月経不順には乾燥した全草1回量2~4gに300mlの水を加え、半量になるまで煎じ詰めて服用する。切り傷、打撲傷には生の葉汁を付けると効果があるといわれているが、皮膚炎を起こす事があるので注意が必要。

効能

止血、鎮痛、収れん、利尿、月経不順、扁桃炎、風邪の咳、打撲傷

成分

ヒペリシン、クエルセチン、タンニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム