オウレン

オウレン

各地の湿った山林下に自生する多年草です。雌雄異株と同株のものがあり、早春3~4月頃10cmほどの花茎をのばし白い星形の小花を開きます。花には両性花と雄花があります。(本に依っては両性花、雌花、雄花と書かれているのもありますが、実際にはそれらの三つは混生しています。)
薬用としては太平洋側、日本海側にあるセリバオウレン(葉は2回3出複葉)、日本海側に自生するキクバオウレン(葉は1回3出複葉)を用いています。近縁種のコセリバオウレンは、根茎が細いので薬用にはしません。(形状の比較)この他に日本の固有種バイカオウレンも薬用にはしません。名前の由来は根茎の切口が黄色く、根茎が節で連なっているからといわれています。

学名

Coptis japonica

科名

キンポウゲ科

生薬名

黄連(オウレン)

漢方

三黄瀉心湯、黄連解毒湯などに。

利用部位

根茎⇒播種後4~5年経った株を、10月頃堀採り、葉やひげ根をむしり取り、そのまま日干しします。まだ湿り気があるとき取り残したひげ根だけを焼き切ります。

効能

苦味健胃薬として、健胃、整腸、下痢止めに。

成分

アルカロイドのベルベリンを主成分として、パルマチン、コプシチン等。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム