ローズ(ロサ カニナ)

ローズ(ロサ カニナ)

英名はDog rose。ヨーロッパ原産のノバラと呼ばれるバラの原種です。高さは1~5mになり、茎には、鈎状の小さな棘で覆われています。葉は奇数羽状複葉で、小葉が5~7個つきます。花色は淡いピンク色ですが、白から濃いピンクまで変異があります。花期は5,6月ごろ。秋になると卵形の果実は赤橙色になり、完熟した果実はローズヒップといい、ビタミンCはレモンの2~40倍含んでいると言われます。

学名

Rosa canina

科名

バラ科

利用部位

偽果(果実)には、炎症の原因になる毛が入っているので、ティーにするときは漉して取り除きます。

利用法

ハーブティー、ジャム

効能

ビタミンCの補給、緩下作用、抗酸化作用、風邪の予防

成分

ビタミンC、ビタミンE、ペクチン、カロチノイド、フラボノイド、果実酸

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム