ルバーブ

ルバーブ

シベリア南部原産の大型多年草。草丈0.5~1m位。日本には明治初期に渡来。根生葉を出し群生する。長柄が有り長卵形~卵形。花は夏、黄白色の小さな花を多数円錐花序に付ける。葉柄を主にジャムとして食用とする。近年ハーブブームで、自然食品店などでよく見かけるようになった。葉身はシュウ酸を多く含み食用にはしない。

学名

Rheum rhabarbatum

科名

タデ科

利用部位

葉柄

利用法

使用時に葉柄を切り取り使用。

効能

整腸作用、抗酸化作用

成分

タンニン、ラポンチシン、アロエエモジン、アントラキノン誘導体、食物繊維、アントシアニン、カリウム

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム