リュウキンカ

リュウキンカ

本州、九州、朝鮮に分布する多年草。高さ30~60㎝位。葉は束生し心円形のものが主だが、腎円形のものもある。一見、黄色い鮮やかな5弁花を咲かせるが、これは花弁ではなく萼片の花弁様である。水辺や沼地、湿地などに生える。尾瀬などでは春早くにミズバショウと共に咲き、良く知られている。近年観賞用として栽培されるが、平地での栽培は上級者向き。山菜として食べている所があるが自生地の条件によっては中毒をおこすので避けたほうが良い。

学名

Caltha palustris

科名

キンポウゲ科

利用法

鑑賞用、食用

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム