サフラン

サフラン

ヨーロッパ南部、小アジア原産と言われ日本には1863年に渡来し、現在は薬用、染料用、観賞用として栽培される多年草。草丈15㎝位。球茎は2.5㎝位。葉は線形で多数。花は初冬。淡紫色のロート状の6弁花を咲かせる。薬用には途中から3つに分かれる赤い雌蕊を使う。

学名

Crocus sativus

科名

アヤメ科

生薬名

蔵紅花(ゾウコウカ)

利用部位

花柱

利用法

生理痛、月経不順にサフラン1回量0.5gに熱湯を注いで飲用。

効能

鎮静、鎮痛、通経、生理痛、月経不順、風邪

成分

ピクロクロシン、クロシン、クロセチン、シアニジン、サフラナール、テルペン、ロコペン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム