シナノガキ

シナノガキ

西アジアまたは中国北部原産ともいわれる落葉高木。古く中国から渡来し本州、四国、九州、沖縄で栽培される。高さ5~9m位。葉は互生し長楕円形で両端がとがる。花は初夏、新枝の葉えきに黄白色の小さな花をつける。柿渋を取る為に栽培される。小さなカキの実がなり、観賞用として鉢植えなどで楽しまれる。

学名

Diospyros lotus

科名

カキノキ科

生薬名

君遷子(クセンシ)

利用部位

葉、果実

利用法

秋に取り、葉は乾燥して使用。

効能

果実は渇きを止め熱を下げ、心を鎮める効果。柿渋はしゃくり止め、しもやけや凍傷、かぶれに塗布薬。乾燥葉や果実のヘタは高血圧。

成分

タンニン、7-メチルユグロン、マメガキノン、イソジオスピリン、ベツリン、ベツリン酸、タラクセロール、オレアノール酸、ウルソール酸

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム