シラン

シラン

本州中南部、四国、九州、沖縄および中国に分布する多年草。草丈30~70㎝位。鱗茎は多肉で連なる。茎は短い。葉は茎下部に5~6個互生し、披針形~長楕円形。花は春、花茎をだし上部に紅紫色で数個総状花序に付ける。薬用の他、花が綺麗なので公園や庭植え、鉢植えなどで楽しまれる。近年白、桃、淡紫色の変わりなどもある。

学名

Bletilla striata

科名

ラン科

生薬名

白芨(ビャクキュウ)

利用部位

鱗茎

利用法

秋に球茎を堀り上げ、水洗い後蒸すか又は熱湯に数分間浸してから日干しにして使用。喀血に白芨1日量3~10gを煎じ、3回に分けて服用する。

効能

止血、排膿、緩和薬、吐血、鼻血、喀血、創傷、やけど、ひび、あかぎれ

成分

ブレティラグルコマンナン、澱粉

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム