シロバナタンポポ

シロバナタンポポ

本州関東地方以西、四国、九州に分布する多年草。道端、人家近く、土手、畑の畔などにみられる多年草。タンポポの中でも大型で20~35㎝位。葉は根生しロゼット状で倒披針形。羽状に中~深裂する。花色は白で他のタンポポとは一目で違いが判る。 山菜として食べられる。

学名

Taraxacum albidum

科名

キク科

生薬名

蒲公英(ホコウエイ)

利用部位

全草

利用法

日干しにする。

効能

利胆、利尿、消化不良、健胃、感冒

成分

タラクサステロール、タラキサンチン、タラキシン、コリン、イヌリンマンニット

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム