ソメイヨシノ

ソメイヨシノ

オオシマザクラ×エドヒガンザクラの交配で作り出された、観賞用に広く栽培される落葉高木。日本を代表する花木。高さ7m位。葉は互生し広い倒卵形。4月上旬頃に5弁の薄桃色の花を咲かせる。各地で花見の名所があるぐらい日本人に最も親しまれている花木。

学名

Prunus yedoensis

科名

バラ科

生薬名

桜皮(オウヒ)

利用部位

樹皮、葉、樹脂

利用法

腫れ物で口の空いたものに、又古い皮を黒焼きにしてフグ中毒に使用

効能

腫れ物、蛇の咬傷、軟膏の基剤、去痰

成分

フラボノイドのサクラニン、サクラネチン、クマリン配糖体

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム