スミレサイシン

スミレサイシン

本州の日本海側山地、北海道南部および中国南部に分布する多年草。草丈15㎝位。地上茎はないが地下茎が太く、横に這う。葉は長い柄が有り3~6枚ほど束生する。基部は心臓形に深く入り込む。葉長15㎝位。花は淡紫が主だが、白~濃紫まで見かけられる。山菜として根茎をすりおろしトロロとして食べたり、葉や花も食べられる。

学名

Viora vaginata

科名

スミレ科

利用部位

全草、根茎

利用法

つきつぶして撒布。酒に浸して服用。

効能

清熱解毒、消腫、止血

成分

ルチン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム