スズラン

スズラン 有毒

北海道、本州、九州および朝鮮半島、中国、サハリン、東シベリアに分布する多年草。山地や高原などのやや湿った所を好み、ときに大群落を作ることもある。茎葉は伸長する。葉は2枚根生し、長楕円形~卵楕円形。花は春20~30㎝位の花茎をだし、白色の鐘形花を総状花序に3~10個位つける。昔から花形が可愛いので花壇や鉢植えで楽しまれているが、中毒例もあり気をつけなければならない一つ。

学名

Convallaria majalis 

科名

キジカクシ科

生薬名

鈴蘭(スズラン)

利用部位

根を含む全草

利用法

6月に根を付けた全草を採集し水洗い後日干しにして使用。
ジギタリスの毒の10~15倍の強さがあるといわれているので、使用は避けたほうが良い。

効能

利尿、強心。毒成分が強く使用しない事。

成分

コンバラトキシン、コンバロシド、コンバラトキソール、デグルコケイロトキシン、ロデアサポゲニン、イソロデアサポゲニン、ケイオシド、コンバラサポニンA,B,C,D、ケリドン酸、グルココンバラサポニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム