ショウブ

ショウブ

北海道から九州及び東アジア、インドに分布する多年草。葉は根茎の頭に集まって直立し剣形。基部は2列に抱き合い滑らかで芳香がある。花は初夏、花茎は扁平で葉より小さい包葉を持ち、黄緑色の肉穂花序を付ける。5月の節句に欠かせない植物。

学名

Acorus calamus

科名

ショウブ科

生薬名

菖蒲根(ショウブコン)、水菖蒲(スイショウブ)

利用部位

根茎

利用法

冬季に根茎を採取し、縦割り日干しにして使用。生薬3~6gを水500~600mlで煎じ煎液を分けて服用する。

効能

芳香性健胃薬、去痰、腹痛、下痢、てんかん、神経痛、リウマチ

成分

β-アサロン、メチルオイゲノール、オイゲノール

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム