ツルドクダミ

ツルドクダミ

中国原産で日本各地に帰化する多年草。根は地中を横走し、肥厚して塊根になる。茎は蔓性で2~3m位。葉は互生で卵形~心形。花は秋、白色の小さな花を多数円錐花序に付ける。近年日よけなどで使用する。

学名

Polygonum multiflorum

科名

タデ科

生薬名

何首鳥(カシュウ)

利用部位

塊根

利用法

秋に肥厚した塊根を堀り上げ、水洗い後輪切りにして日干しにして使用。緩下剤として塊根1日量5~15gに水500~600mlを加え煎じ服用する。

効能

緩下、整腸、強壮、便秘、慢性胃腸炎、腰膝痛、遺精

成分

クリソファノール、エモジン、レイン、2,3,4'-テトラヒドロキシスチルベン-2-0-グルコシド、リポプロテイン、レシチン、タンニン

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム