ウコン

ウコン

インド原産の多年草で、熱帯アジア、中国南部、台湾で栽培される多年草です。日本には江戸時代に渡来したといわれ、沖縄や九州南部の暖地で栽培されています。芳香のある太い主根茎から数本の側根茎を互生し、葉は長い葉柄があり、草丈は50~50cmになる多年草です。開花時期は7~8月で、黄みがかった花をつけます。
近縁種には5~6月にピンクの花が咲く、草丈が1mほどになる大型のハルウコンC.aromaticaがあります。日本では7月~8月に花が咲くC.longaを鬱金(ウコン)、5~6月に花が咲くハルウコンC.aromaticaを姜黄(キョウオウ)といいます。
中国では、根茎の生薬名を姜黄と称しているので、日本での植物名と生薬名が入れ違っているので、注意が必要です。
生薬では近縁種の莪朮(ガジュツ)を用います。

学名

Curcuma longa 

科名

ショウガ科

生薬名

 C.longa⇒鬱金(ウコン)、姜黄(キョウオウ) 

C.aromatica⇒姜黄(キョウオウ)、鬱金(ウコン)

漢方

鬱金(ウコン)、姜黄(キョウオウ)

利用部位

根茎

利用法

カレー粉、マスタード、タクアンなどの色付けに。

効能

黄色の色素成分クルクミンには肝機能向上、胆汁の分泌を促し活性化させコレステロール低減

成分

黄色色素クルクミン、精油成分のツルメロン、ジヒドロツルメロン、ジンギベレン 

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム