ウスバサイシン

ウスバサイシン

本州と九州の山林の樹陰に自生する多年草です。朝鮮半島中国にも分布しています。根茎は多節で、節間は短く、葉は冬は枯れますが、春先に茎の先端から通常2枚の葉を出します。ハート型をした深緑色の葉は、光沢がなく葉脈のみに細毛が生えています。3~5月、葉が開く前に葉の間から1個だけ出て暗紫色で壺条の花を横向きにつけます。よく似た植物に、徳川の家紋とされるフタバアオイがあります。

学名

Asiasarum seibold/ F.Maekawa

科名

ウマノスズクサ科

生薬名

細辛(サイシン)

漢方

小青竜湯

利用部位

根茎と根⇒果実の完熟する直前、まだいくらか緑色の部分が残っている状態で花穂ごと採取し、2,3日日干しします。

利用法

乾燥果実を抽出液もしくは煎液にして服用します。
口内炎⇒細辛の粉末に酢少量加えて練り、大豆大に丸めて、毎晩寝る前、患部につけます。この方法は口中のただれや荒れに、素人療法として安全確実な方法です。

効能

咳止め、去痰、鎮静、鎮痛、解熱、口内炎に。

成分

特異な芳香は、精油分中のメチルオイゲノール、サフロール、シネオールなど。
芳香成分は地下の根に多く含まれています。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム