ウツボグサ

ウツボグサ

東アジアの温帯から寒帯にかけて広く分布しており、日本中どこにでも見られる多年草です。日当たりのよい山野の草地や路傍に自生しています。草丈は15~30cmになり、茎はシソ科か特有の四角、広披針形の葉を十字対生し、全体にあらい毛が密生しています。花期は6~8月です。シソ科には特有の臭いがありますが、無味無臭です。生薬での名前は、真夏の暑い日、花穂が急に枯れたように褐色になり、まさに立ち枯れた姿になることから「夏枯草」と名前がつきました。ウツボグサの名は、弓矢を入れる道具の「靫」に見立てたことに依ります。近縁種の高山に生えるタテヤマウツボや本州北部、北海道に生えるミヤマウツボは薬用にはしません。

学名

Prunella vulgaris subsp.asiatica

科名

シソ科

生薬名

夏枯草(カゴソウ)

漢方

夏枯草散、止涙補肝散

利用部位

花穂⇒花弁はほとんどなく、苞が重なるようについているもの。

利用法

5月初め花穂が褐色になりかけた頃、花穂を摘み取り日干しにします。乾燥したものが「夏枯草」です。

効能

利尿促進作用、強い抗菌作用があり、利尿、消炎剤として腎臓炎、膀胱炎、扁桃炎、結膜炎に。
子宮収縮作用があるので妊娠中は忌避。

成分

ブルネリン、多量のカリウム塩、苦味質、タンニン、アルカロイド様物質。

お問い合わせ先

東邦大学薬学部付属
薬用植物園

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL:047-472-0666


お問い合わせフォーム