当研究室について

私たちの体を形作る様々な細胞はたった1個の受精卵から作り出されます。細胞はたった一つのゲノムを設計図としながら、発生の過程で遺伝子発現のプログラムを変えることで様々な細胞に変化していきます。この書き換え可能なプログラムの実体はエピジェネティクスと呼ばれ、DNAやDNAが巻き付いているヒストンタンパク質の化学修飾です。本研究室では発生を制御するエピジェネティクスの分子機構を明らかにするために、マウスの胚操作、遺伝子改変動物の作製、胚や胚性幹細胞(ES細胞)の転写やエピゲノム解析などを行っています。

お問い合わせ・連絡先

東邦大学
理学部 生物学科
幹細胞リプログラミング研究室 山口グループ

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部入試広報課
TEL 047-472-0666

Twitter (X)