当研究室について

地球上に生息する多くの生物は、地球の自転に合わせて体内の様々な生理活性を24時間周期で変動する機構を持っています。それを制御しているのが、生物時計(体内時計)です。生物時計は、周囲の温度や明るさなどに影響されず、常に規則正しく動いています。私たちは、藍色細菌(らんしょくさいきん)の生物時計の研究を行っています。藍色細菌、いわゆるラン藻は、生物時計を持った最も単純な生き物であり、その生物時計を研究することで生物時計の作動原理を解明できると考えています。藍色細菌の生物時計は、3つの時計タンパク質(KaiA、KaiB、KaiC)から構成され、これらのタンパク質が結合したり離れたりすることで24時間の自律的な振動を生み出しています。たった3つのタンパク質だけで約24時間の時を刻む、この不思議さに魅かれて研究を続けています。

当研究室では、この生物時計の作動原理を解明するために、生化学や構造生物学など、様々な手法を取り入れて研究を行っています。

お問い合わせ・連絡先

東邦大学
理学部 生物分子科学科
武藤研究室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部入試広報課
TEL 047-472-0666