何をしている?

化学教育研究

 学生の皆さんは,中等教育における化学教育研究(Chemistry education research: CER)に取り組んでいます。 具体的には,理学部・理学研究科の研究環境を生かし,専門分野に根ざした教育研究(Discipline-based education research: DBER)を視野に入れ, 教材や教授法などの開発を行っています。

 CER/DBERを進めるには,理学部・理学研究科の中で,科学教育を科学として研究できることが非常に重要となります。化学教育学教室は,日本でも数少ない恵まれた研究環境にあると言えます。

ここを卒業すると?

①国際的な視点に立った教育研究・実践

 学生の皆さんは,国内外の学生及び教育・研究に携わる者と連携し,全国的,国際的視点に立った教育研究・実践の重要性を学んで卒業します。学び続ける教員として,中等理科(化学)教育において中核的な役割を担うことが期待されます。

②科学好きの生徒を育てる理科教員

 学生の皆さんは,大学院修了後,中学校や高等学校の教員になります。確かな科学的専門知識に基づいて中学生や高校生に対して自然科学のおもしろさ,楽しさ,大切さを伝える理科教員として活躍することが期待されます。

お問い合わせ・連絡先

東邦大学
理学部教養科教育学教室
大学院理学研究科化学専攻
化学教育学教室


〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
TEL: 047-472-1521(今井研究室)
E-mail:izuimai@c.sci.toho-u.ac.jp