研究紹介

遷移金属元素や希土類元素は、イオンになっても閉殻の電子配置にならずに、不対電子を持つものが多いのです。この「余った」電子達は 3d~5d軌道 や 4f軌道 に存在し、無機化合物の電気・磁気的性質の元となっています。(土井)

当研究室では、未解明な部分が多い4d, 5d遷移金属や希土類(4f電子系)の性質を明らかにするために、それらを含み特徴的な結晶構造や原子配列を持つ新物質の合成を試みています。
(土井)

グラフェンに代表される2次元物質はバルクとは違った特異な性質を示します。当研究室では遷移金属ダイカルコゲナイドと呼ばれる2次元物質を化学気相蒸着法により合成し、さらにドーピングと呼ばれる手法を用いることで電子物性を制御する研究を行っています。(柳瀬)

ナフタレンフラックス法と呼んでいる新規の結晶化法を用いることで巨大なπ共役分子の単結晶を育成し、その電子物性を評価することを目指しています。無機・有機に括らず広い意味で新規固体材料の創出を行います。(柳瀬)

お問い合わせ・連絡先

東邦大学理学部
化学科
無機化学教室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1

柳瀬 隆
TEL 047-472-4186
Email:takashi.yanase(at)sci.toho-u.ac.jp
(at)を@に変更してください

習志野学事部入試広報課
TEL 047-472-0666