トップページ > スタッフ紹介 > 柴田 裕希/准教授

お問い合わせ・連絡先

東邦大学理学部
生命圏環境科学科
柴田研究室

〒274-8510
千葉県船橋市三山2-2-1
習志野学事部入試広報課
TEL:047-472-0666
E-mail:yuuki.shibataの後ろ@env.sci.toho-u.ac.jp

柴田 裕希/准教授 〔Yuki SHIBATA〕

学歴・職歴

  • 2007年 9月~2009年12月 東京工業大学大学院博士課程
  • 2008年 4月~2009年12月 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
  • 2009年 4月~2009年 9月 麗澤大学 経済学部 非常勤講師(数理科学・情報科学)
  • 2009年12月          東京工業大学博士課程修了
  • 2010年 1月~2010年 3月 日本学術振興会 特別研究員(PD)
  • 2010年 4月~2013年 3月 滋賀県立大学 環境科学部 助教
  • 2013年 3月~         東邦大学 理学部 専任講師
  • 2018年 4月~         東邦大学理学部 准教授

学位

博士(工学)[東京工業大学 2009年12月]

学会・社会活動

  • 日本国際協力機構 JICA 環境社会配慮助言委員
  • 国際影響評価学会(IAIA: International Association for Impact Assessment)会員
  • 国際影響評価学会 日本支部(IAIA Japan)幹事
  • 日本計画行政学会 会員
     (SEA研究専門部会委員)
     (学会誌『計画行政』編集出版幹事)
     (若手研究交流会幹事
  • 環境アセスメント学会 会員)
     (国際交流委員会委員)
     (若手研究交流会幹事)

教育方針

長期的な視点と現実に対処できる技術を併せ持つ人材育成を目指し、理念と実践を織り交ぜた講義展開を設計しています。

学生の皆さんへメッセージ

常に社会の一員としての使命を自覚して取り組んでください。そうすれば 自分の取り組んでいる研究課題の意義が見えてきて、やりがいが生まれます。

参考図書

※講義の受講にあたっては、以下の図書を読んで臨むことで講義内容をいっそう深く理解できます。

原科 幸彦 編『環境計画・政策研究の展開 持続可能な社会への合意形成』岩波書店、2007年

環境政策、環境計画の研究を始めるにあたって、具体的な例が豊富に書かれています。

高見沢 実 編『都市計画の理論 系譜と課題』学芸出版社、2006年

都市に生きる私たちの環境の多くは都市計画に依存します。「計画」という考え方がなぜ必要な のか、計画は何ができて何ができないのか。この本は都市計画の挑戦の歴史と、その最前線を教 えてくれます。著の最後に資料としてノートが付いていますが、世界中の最新の取り組みと最先 端の概念を教えてくれます。

ユルゲン ハーバーマス 著、細谷 貞雄,山田 正行 訳『公共性の構造転換』(第2版)未来社、1994年

市民参加を考える上で基本となる公共の概念の基礎を与える本の一つです。なぜ公共性を大切に しなければならないのか、公共性の概念が生まれてくる様子から考えていくことができます。

ジョン ロールズ 著、田中 成明、亀本 洋、平井 亮輔 訳『公正としての正義 再説』岩波書店、2004年

皆さんの取り組む公共政策、公共計画に欠くことのできない概念「公共性」。この中で大切な要素をなす 「公正」について解いてくれます。人々はどのような時に「公正である」と判断するのか。現代の リベラルを代表する一冊です。