学び方・働き方の多様性を支援する
継続就労支援
研究者支援
育児コンシェルジェ
介護コンシェルジェ
女性医師支援
ダイバーシティイニシアティブ(連携型)
研究者のよこがお
相談案内

トピックス

STEP UP セミナー 
9月14日
9月28日
 

東邦大学
ダイバーシティ推進センター
(旧 男女共同参画推進センター)
大森キャンパス
直通:03-5763-6685
代表:03-3762-4151
(内線:2103)

お問い合わせ

お知らせ一覧へ

PHOTO NEWS

医学部オープンキャンパス「現役医師による講演会」終了しました。

医学部オープンキャンパス「現役医師による講演会」を開催いたしました。 各診療科で活躍している先輩医師からのメッセージ、東邦大学付属病院での働き方などお話いただき、2日間で238名の方が聴講されました。多くの皆様のご来場、誠にありがとうございました。

医学部オープンキャンパス「現役医師による講演会」を開催しています。

医学部のオープンキャンパスでは、「現役医師による講演会」を行っています。1日目は呼吸器外科 東陽子先生と形成外科 中道美保先生に学生時代やご自身が医師を目指した頃の事から、現在の臨床についてなどをお話いただきました。明日2日目は11:30~麻酔科 大岩彩乃先生 12:30~小原浩先生にご講演いただきます。将来、医師を目指している皆さん!是非、ご参加ください。

習志野オープンキャンパス 2日目(8/4)終了

習志野オープンキャンパスの2日目が終了しました。 本日もたくさんの方にご参加いただきありがとうございました。なんと2日目は306名の方にアンケートにご回答いただきました。アンケート結果は集計後に活動レポートにしご報告いたします。2日間ご協力いただきました羽端さん、野口さんありがとうございました。

詳しくはこちら

習志野オープンキャンパス 1日目(8/3)終了

習志野オープンキャンパスの1日目が終了しました。 暑い中、ご来校いただきありがとうございました。 今年は食堂PALで理学部 1年生 羽端さん、野口さんと「あなたがのぞむ環境とは?」をテーマにアンケート調査を実施しています。1日目は256名の方にご参加いただきました。 食堂を良く利用させるお二人!オススメメニューもご紹介しています。 明日も11時から食堂PAL 1階中央でお待ちしています。

詳しくはこちら

関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会

2019年6月15~16日に都市センターホテルにおいて「第137回 関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会」が開催され、ダイバーシティ推進センター共催のシンポジウムが行われました。

詳しくはこちら

健康科学部看護学科公開講座

2019年6月1日(土)東邦大学習志野キャンパスにおいて健康科学部看護学科公開講座が開催され、片桐由起子センター長が「女の更年期、男の更年期」についてご講演されました。

詳しくはこちら

推進委員 東陽子先生 ご講演

第119回日本外科学会定期学術集会が開催され、ダイバーシティ推進委員の東陽子先生が特別企画「女性外科医のロールモデル」で『呼吸器外科医としてのキャリアプラン』について講演されました。

詳しくはこちら

医学部新入生教育ガイダンス

4月9日(火)医学部新入生教育ガイダンスにおいて、片桐由起子センター長(産科婦人科学講座教授)が、本学における男女共同参画の歴史やダイバーシティ推進センターの取り組みについて講話を行いました。

詳しくはこちら

ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)共同研究推進のためのセミナー&合同研究発表会

2018年12月21日東邦大学習志野キャンパスマルチメディアスタジオにおいて、共同研究のためのセミナーと合同研究発表会を開催しました。詳しくは、活動レポートをご覧ください。※写真:理学部 下野綾子先生の口頭発表の様子

詳しくはこちら

『頑健な錯体分子によるバイオオルガノメタリクス』開催

12月7日(金)東邦大学薬学部D館において、名古屋大学物質科学国際研究センター分子触媒研究分野(野依特別研究室)中寛史先生の講演会を開催しました。

詳しくはこちら

報告レポートはこちら

大森祭実行委員会との共催 介護支援セミナー&映画上映会を開催しました!

健康寿命を延ばす食事『元気は食事から』&映画『人生フルーツ』上映会を開催しました。    ※講演のDVDを11月から貸出予定。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

詳しくはこちら

当日の様子はこちらから

介護支援セミナー「あなたの親は大丈夫?セルフネグレクトのサインとは?」報告レポート

東邦大学大森キャンパスにおいて「介護支援セミナ—」を開催しました。離れて暮らす親の事は、気になりつつも何となく「元気に過ごしているだろう」と思うのみ。いつもと違ってきたことの「サイン」を見逃さないためには?※講演のDVDを11月から貸出予定。お問い合わせフォームよりご連絡ください。

詳しくはこちら