センター概要

メニュー

センター長挨拶

医学部 産科婦人科学講座 教授  片桐 由起子
東邦大学は、帝国女子医専として創立以来、女子の医療・生命科学教育に積極的に取り組んできた大学です。しかし働く女性たちの家庭環境や社会背景はそれぞれ異なり、画一的なルールのもとでは、妊娠・出産・育児等を契機に就労継続・研究継続をあきらめざるを得なかった先輩たちもいました。これまでの経験を活かし、現在本学では、ダイバーシティ(diversity:多様性)を大切に、個性豊かな人材が共に働き、一人一人がその能力を十分に発揮できるような環境の拡充に全学で取り組んでいます。継続就労支援は、組織にとっての労働力の確保や補充を目的とせず、本人にとっての専門性の継続的研鑽とその専門性を生かすことができる環境の獲得のための活動です。その対象は出産や育児をしている女性だけではなく、療養や介護などと仕事を両立しているすべてのスタッフです。高い専門性を有するスタッフの継続就労が、東邦大学を支える財産になると考えています。

お問い合わせ先

東邦大学 
ダイバーシティ推進センター

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-3762-4151(代表)