支援内容

メニュー

英文校閲経費支援制度

 英文校閲経費支援制度とは、本学の研究者が英文で学術雑誌に論文を投稿する際の英文校閲経費を支援するためのもので、研究活動の推進とスキルアップを目的としています。

2022年度 英文校閲経費支援制度 利用者募集 

1.支援内容

下記支援期間内に英文で学術雑誌に論文を投稿する際の、英文校閲経費を支援するためのもので、支援額上限は5万円とします。なお、本支援の対象経費は外国語論文の校正料のみで、下記は支給対象外となりますのでご注意ください。

【支援対象】 
・本人自らの研究について筆頭著者として発表する論文でレビューは除きます。
 *共著の場合も申請は可能ですが、筆頭著者の申請を優先します。
・英語論文が完成しており、支援対象期間に学術雑誌へ論文を投稿するもの。
 *申請の段階で英語論文の作成が完了していない場合は対象外とします。
・当該論文の英文校閲に関して、他からの資金援助がない方。
・下記支援期間にすでに校閲を終了し、校正料納付済みの英文に関しても、下記提出書類が用意できる場合には支援の対象となります。

【支援金額】 
上限 5万円

【支援対象期間】 
2022年4月1日~2023年2月末  校閲分


【支給対象外経費】 
・送料 ・校正証明書等 ・論文掲載料 ・スピード仕上げ料 ・学会抄録 ・投稿規定チェック料
・編集者及び査読者に対するカバーレター等作成料  ・英文再校正料(無償対応の場合を除く) 
・パック料金(和文から英文など明細を添付し英文校正料のみを補助)

2.支援対象者

【申請対象者】
・本学女性研究者(常勤教員:助教、講師、准教授)
・下記支援対象期間に、学術雑誌への投稿用論文の英文校閲を行う方
・本人が自らの研究について筆頭著者として発表する場合を優先、共著の場合も申請可能(レビューは除く)
・当該論文の英文校閲のため既に他の機関からの資金援助がない方
注)本支援は多くの方に利用していただくことを目指しておりますので、審査の際は採択回数の少ない方を優先する場合があります。

3.申請方法

支援を希望する方は、以下の提出書類をダイバーシティ推進センターHPからダウンロードし作成してください。作成した書類は、所属長の印を押したものをPDFにして、ダイバーシティ推進センターに期日までにご提出ください。

【提出書類】
・利用申請書
注)右上の所属長欄に所属長印の押印が必要(印がない場合は受理できません)
・校閲経費の見積書もしくは校正会社の資料
 注)会社案内、校正料金、単価等を記したもの
・見積書 宛名 「東邦大学 所属 申請者名」もしくは「申請者名」

*申請時には必要ありませんが、採択後に必要となる書類は下記の通りです。
不足の場合には、採択後に取り消しとなる場合がございます。ご注意ください。
①英文校閲見積書(原本) ②英文校閲納品書(原本) ③請求書(原本)   ④領収書(原本)及びカード引き落とし明細等
【申請締め切り】  
2022年10月14日(金)15:00
*上記の時間までにメールにPDFを添付して送信ください。締切以降は受付けません。
*申請書原本は学内便または郵送にてお送り下さい。

4.利用上の注意

・英文校閲経費は原則申請者による立替払いとします。
・支援対象期間内に校閲が終わらない場合には、必ず期間内に以下のお問い合わせ先までご相談ください。
・期間内にご連絡がない場合や校閲状況によっては、支援が取り消しとなる場合がありますので、くれぐれもご注意ください。
・振込手数料が発生した場合は、ご本人様の負担とさせていただきます。
・支援終了後に利用報告していただきます。


5.利用上の注意

 本支援を利用された場合、今後のダイバーシティ推進センターの活動へのご協力を依頼することがあります。

お問い合わせ先

東邦大学 
ダイバーシティ推進センター

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-3762-4151(代表)