支援内容

メニュー

研究セミナー招へい支援制度

 研究セミナー招へい支援制度とは、本学の研究者が主催者となり、先駆的・独創的な研究に取り組んでいる優れた研究者等を招へいするセミナー等を開催する場合に、講演料(謝金)を助成する制度です。本支援により、招へいする研究者と本学の研究者との討議、意見交換等を行う機会を促進し、研究がさらに発展することを目的としています。

 

2022年度 研究セミナー招へい支援制度 利用者募集

1.支援内容

研究者等を招へいし、セミナー等を開催するための経費のうち、講演料(謝金)上限5万円を限度に支援します。 謝金額は、2020年度東邦大学 公的研究費管理マニュアルp88「表.5講演会謝金基準表(目安)」を参考に申請してください。なお、不明な点がある場合には、事前にお問い合わせください。

【支援金額】 
上限 5万円

【支援対象期間】 
2022年8月上旬~2023年3月末日

2.支援対象者

東邦大学に所属する研究者(常勤教員:教授、准教授、講師、助教)で、本人が主催者となって研究者などを招へいし、責任をもって広く研究者向けに公開するセミナー等の企画・運営を行う者。 注)本支援は多くの方に利用していただくことを目指しておりますので、審査の際は採択回数の少ない方を 優先する場合があります。

3.申請方法

支援を希望する方は、以下の提出書類をダイバーシティ推進センターHPからダウンロードし作成してください。作成した書類は、所属長の印を押したものをPDFにしてメールでダイバーシティ推進センターに期日までにご提出ください。

【提出書類】 
・利用申請書
  注)右上の所属長欄に所属長印の押印が必要(印がない場合は受理できません)

【申請締め切り】 
2022年7月1日(金)15:00
*上記の時間までにメールにPDFを添付して送信ください。締切以降は受付けません。
*申請書原本は学内便または郵送にてお送り下さい。

4.利用上の注意

・選考結果の通知とともに採択者へは精算方法をお知らせいたします。
・セミナー等の開催がわかるチラシを提出して頂きます。
 期間内にご連絡がない場合や執行状況によっては、支援が取り消しとなる場合があります。
・招へい時期にセミナーが開催できない場合には、必ず以下の問い合わせ先までご相談ください。
 ご連絡がない場合やセミナーの開催状況によっては、支援が取り消しとなる場合があります。

5.その他

本支援を利用された場合、今後のダイバーシティ推進センターの活動へのご協力を依頼することがあります。

お問い合わせ先

東邦大学 
ダイバーシティ推進センター

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-3762-4151(代表)