ホーム > 平成26年度日本学術振興会 外国人招へい研究者事業の募集について

お問い合わせ先

東邦大学

■教育・研究支援センター
 E-mail:
 edu-support@jim.toho-u.ac.jp

■安全保障輸出管理 担当
 E-mail:
 anzenhosho@ext.toho-u.ac.jp

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16

平成26年度日本学術振興会 外国人招へい研究者事業の募集について

 
申請を希望される方については、募集要項・申請書作成要領などをご熟読の上、申請書を作成・提出下さい。申請書の様式・構成等は変更となっておりますので、平成26年度版をダウンロードの上ご作成願います。
※注意:今回の募集では電子申請システムを利用しますので、ID・PWの発行が必要となります。申請希望者は別添様式にて記入の上、学事統括部まで提出願います。なお、既に国際交流事業用の申請者用IDを取得している申請者は、あらためてID・パスワードを発行する必要はありません。(科学研究費補助金事業及び研究者養成事業のID・パスワードとは異なりますのでご注意下さい)

 

電子申請システムID・PW新規発行依頼書の様式はこちら doc

公募にあたっての必要書類

申請書作成にあたっての注意事項

申請手続き

外国人招へい研究者事業の申請は電子申請システムを通じた電子データと紙に印刷する申請書の両者が提出された時、受け付けられます。申請書は「申請書情報」及び「申請内容ファイル」から構成されます
「申請書情報」とは、WEB上で本会の電子申請システムに必要な情報を入力し、作成されたPDFファイルを印刷するものです。「申請書情報」の入力事項は、審査から採用後においても基礎データとなり、日本学術振興会から送付される各種証明書類等にも記載されることになるので、その点に十分ご留意下さい。「申請内容ファイル」とは、ホームページからダウンロードした電子ファイル(Word 等)を編集して作成するものです。
電子申請システムを通じて登録される「申請書情報」のデータと、紙で提出される「申請内容ファイル」の両者が提出(送信)された時、正式な申請となります。両者(データと紙)の内容が一致しない申請は無効な申請なるためご注意下さい。
申請書の作成にあたっては、必ず「平成26年度分外国人招へい研究者募集要項」及び電子申請システムの該当の「操作手引」を熟読してください。

操作手引URL:

※申請者ログインページ

提出書類

[招へい長期] 部数:それぞれ正本1部、写し3部
①外国人招へい研究者(長期)受入研究者申請書(様式1)
②外国人招へい研究者(長期)候補者調書(様式2)
※提出書類①及び②を番号順に一部ずつ重ねて左上をホチキスでとめ、提出してください。
[招へい短期] 部数:正本1部、写し3部
外国人招へい研究者(短期)受入研究者申請書
[招へい短期S] 部数:それぞれ正本1部 写し3部
①実施計画書
②賞の概要(A4両面1枚以内)
※ 提出書類①及び②を番号順に一部ずつ重ねて左上をホチキスでとめ、提出してください。
※申請書につきましては、内容を確認した上、修正等をお願いすることもございます。また本来提出は写しは3部となりますが、修正後、こちらでコピーさせていただきます。予めご承知おき下さい。
※注意:提出書類に誤りがある場合、書類不備として選考の対象外となりますので、上記書類をご熟読の上、申請書類一式を作成下さいますようお願いいたします。

学内スケジュール・提出書類 等

申請書は、平成25年8月19日(月)正午までに、電子申請システムによる提出を完了し、紙媒体にて学事統括部まで提出下さい(申請書は両面コピーの上、作成下さい)。電子申請が終わりましたら、学事統括部までメールにてご一報下さい。
件名は「平成26年度・外国人招へい研究者・学部・氏名」として下さい。
アドレス:k-shinsei@jim.toho-u.ac.jp

参考資料