ご挨拶

ご挨拶

事業推進代表者 学長 高松研

 本学は、建学以来、微生物・感染症学を医療人育成の大きな柱とし、近年は多剤耐性菌や新興感染症を含めた感染制御・予防の教育に注力してきました。COVID-19の感染拡大を受けて、急性期医療施設での医療を担う人材養成を強化するとともに、慢性期や介護施設、さらには在宅を含めた地域社会での感染症対策を担う人材養成が求められています。本事業では、「パンデミック危機を現実のものとして認識させる教育」をコンセプトに、VRやMRを活用した教育研修プログラムを展開し、感染制御の臨床現場で主体的に関与、活躍できる医療人材の養成を目指します。

事業推進責任者 医学部 微生物・感染症学講座 教授 舘田一博

 新型コロナウイルス感染症の流行を経験して、改めてパンデミック感染症への備えの重要性がクローズアップされています。東邦大学では、医学部をはじめとする医療系5学部の卒前・卒後教育はもちろんのこと、大田区との連携講座の開設による地域への貢献、感染症関連学会を通しての学術活動を実践してきました。感染症医療人材養成事業への採択は、感染症分野における本学のさらなる発展のチャンスです。東邦大学から感染症領域の次世代リーダーが生まれてくるよう、本事業を最大限に活用していかなければなりません。“次のパンデミックは必ず起こる”という状況の中で、東邦大学としての責任はますます大きくなっていると感じています。

事業推進室長  医学部 医学教育センター 教授 廣井直樹

 新型コロナウイルス感染症がいまだ収まらない中ですが、東邦大学は次の新規ウィルス感染症拡大を意識した医療人教育の土台つくりが重要と考えています。この感染症医療人材養成事業は、地域の住民から医療系学生、医療者まで幅広い人々を対象に、「感染症に対する正しい情報発信と感染症医療を提供するための土台つくり」を目指しています。 現在の医療者教育では、臨床実習中の学生も医療チームの一員として活躍できるようになることが求められています。On Demand講義での知識修得とVRを用いた体験型学修で基盤を作り、さらに技能修得のための実践学修で能力を高めます。感染症医療の最前線で活躍できる人材育成を目指して本事業を展開していきたいと思っています。

お問い合わせ・連絡先

東邦大学 
感染症医療人材養成事業

〒143-8540
東京都大田区大森西5-21-16
Kansensho2@ml.toho-u.jp